TOP > Site map > 八月回廊 > 小品と呼べぬいくつかの > 雨の放課後に

「なんで『てるてる坊主』吊るすとさ、晴れるって言うわけ?」
 それは雨の放課後。
 傘を持たないオレ達は、持っていそうな奴を当て込んで、適当に時間を潰していた。
 正直、こいつと時間を潰すとロクな事がない。
 暇を持て余すと手に負えない事をやり出すのだ。
「ねぇ、なんで?」
「……知らないって」
「でもさ、小さい頃って作ったじゃない?
 あれってよく考えると変だよねー。まとめて並べたら、集団首吊りにしか見えないし」
 うっかり想像して気持ちが悪くなった。
「……やめろ、そういう喩え話」
 そんなオレにお構いなしで、当の本人は窓際に寄り、空を見上げてる。
「作ったら晴れるかなぁ」

 後から来た「持っていそうな奴」は、やっぱり傘を持っていて、置き傘をオレ達に貸してくれた(いい奴だ)。
「てるてる坊主?」
「そ。さっきからあいつ、そればっか」
 首を傾げて、ややあって笑う。
「雨の競技は冷えるからかな」
 あ、そうか、と思う。
 こいつ、明日の大会に出るんだった。
「やっぱりてるてる坊主、作ろうよー。神頼みでも何でもいいからさー」
 聞こえたのか聞こえなかったのか、のんきな声で。
 取り敢えず、材料の調達でもするか。

2003.06.30 Onino featuring Hazuki

Background:Little Eden

TOP < Site map < 八月回廊 < 小品と呼べぬいくつかの < 雨の放課後に > 夏の終わりに
>>掲示板>>メール